集客効果が期待できる等身大パネル

等身大パネルの効果とは

皆さんは、等身大パネルを見た事はありますか?イベント会場の入り口や映画館などで多く見かけたことがある方も多いと思いますが、この等身大パネルにはどのような効果を期待して設置しているのかご存知でしょうか?そこで今回は、等身大パネルの効果について書いていきたいと思います。
まず、等身大パネルというのは文字通り等身大サイズで作られたパネルの事で、その自分やキャラクターの等身大で作られるためパネルを見ただけで実際の大きさを体感することが出来ます。そんな等身大パネルですが、その効果として挙げられるものの1つに宣伝効果というものがあります。そもそも等身大バネルは広告として作られたものでもあり、ポスターやチラシとは違い、等身大サイズにする事によってインパクトを見た人に与えることが出来、高い宣伝効果を期待することが出来ます。
その他の効果としては、誘導効果を期待することが出来ます。イベントなどに参加した際に入り口に女性などの等身大のパネルが置いてあることで、そのパネルに注目しますので単に、会場の地図を置いてある場合よりも人が案内してくれるという印象を与える事が出来るので会場の位置や進む方向に誘導しやすくなるのです。

等身大パネルの注意点

イベントなどに参加すると等身大パネルが数多く設置されているのを見た事がある方も多いと思います。等身大パネルには注目を集める効果があり広告として、高い宣伝効果があるため、イベントなど人が多く集まるところにはたくさんの等身大パネルが設置されているのです。しかしこの等身大パネルには設置する際に注意しなければならない点がいくつか存在します。そこで今回は等身大パネルの注意点について書いていきたいと思います。
等身大パネルを設置する際に注意しなければならない事の1つに、しっかりと固定するということがあります。等身大パネルは単体で立つことが出来るため、どこにでも置く事が出来ますが、パネル自体の重さはあまりありませんので、風や衝撃などで倒れてしまう場合もあります。なので設置する際はネジや重りなどでしっかりと固定する必要があるのです。
その他に注意しなければならない点に気温や湿度があります。等身大パネルに使われている発泡パネルは気温や湿度の変化に弱く、高い気温や雨の降っている中屋外に長時間設置してしまうと、パネルが変形してしまう危険性もありますので、屋外に設定する場合は気温と湿度に注意をしながら設置するようにして下さい。